ゼラニウムをしっかり育てるには育て方のコツを知ろう

育て方にはコツがある!ゼラニウムは高温多湿に注意して世話を

ゼラニウムをしっかり育てるには育て方のコツを知ろう

じょうろ

ゼラニウムの魅力とは?

エッセンシャルオイルにも使用されるゼラニウム。バラに似たローズゼラニウムや、昔から蚊除けとして人々から親しまれてきました。ゼラニウムは他の花とは違い花を楽しむ時期が比較的長いのが特徴です。戸外では3月から11月までと長く、冬の時期以外は比較的ホームセンターなどでも取り扱っていることが多く、長く楽しめて経済的です。また昔よりもゼラニウムは色も品種も多くなっています。赤やピンクなど色のはっきりしているものから、一重や八重など形もさまざまです。

園芸用品

ゼラニウムの育て方

育て方としては、まず鉢のそこに鉢底石もしくは軽石を敷いてから草花用の培養土を入れましょう。苗は花の色づきも良くて葉っぱは変色しておらず元気よくまとまったものを選びましょう。鉢の中に苗を入れて、水分をたっぷりと与えましょう。その後は日当たりと風通しのいい場所で栽培をします。水やりですが、ゼラニウムはやや乾燥気味の土を好むため、土の表面がしっかりと乾燥してから鉢の底から水が流れるくらいたっぷりと水を与えましょう。

花

育てる際の注意点

ゼラニウムは高温多湿には弱い性質があります。そのため、水を与えすぎると根腐りして枯れてしまいます。梅雨と夏がゼラニウムにとっては過酷な時期にもなります。特に夏を超えるには風通しのいい場所が条件です。元気のない葉っぱがあれば綺麗に整えて栄養がしっかり回るようにしましょう。寒い地方でゼラニウムを楽しむなら霜は要注意です。霜に当たるとゼラニウムは枯れます。ゼラニウムが越冬するには気温や湿度が3度以上が条件です。

レディ

ゼラニウムの楽しみ方

ローズゼラニウムやモスキートゼラニウムは香りが良いため、ポプリに適しています。花を摘んだら日陰でパリッとなるまで乾燥させましょう。瓶に詰めてみたり装飾して玄関にぶら下げたり様々な方法で楽しみましょう。酢やシロップにはちみつなどの香りづけに使う事もできます。お風呂に放り込めば蒸気でゼラニウムの香りがふんわり漂うのでリラックスタイムにお勧めです。細かくした石鹸と細かくしたドライゼラニウムを加えてオリジナルの石鹸を作ることも出来ます。

ゼラニウムとローズゼラニウムそれぞれの特徴

ゼラニウムの特徴

ゼラニウムは南アフリカではテンジクアオイとも呼ばれており、フローラル系のさわやかな香りが特徴です。昔からエッセンシャルに使用されており、アトピーや乾癬などの皮膚疾患の方に使用されてきました。化粧水に混ぜて使えば、肌のべたつきや臭いを抑えることができます。

ローズゼラニウムの特徴

ローズゼラニウムは名前の通り、バラの香りが特徴の花です。オイルや料理など様々なものに使用しやすいのが特徴です。ローズゼラニウムの性質としては非常に強く挿し木で簡単に増やすことができる為、園芸初心者さんでも育てやすいです。

広告募集中