草刈りから剪定まで行ってくれるから面倒な手入れは任せておこう

草刈りの必要性

草刈りをすることで、アレルギーの原因となる雑草を排除することができます。雑草の中に生えてしまったキノコの胞子がぜんそく被害を招く可能性もあり、更に伸びきった雑草を放置するといざという時の避難場所の確保が難しくなる事から、草刈りを行います。

草刈りに必要な道具3選

三角ホーなどの鎌

三角ホーという鎌がありますが、通常の鎌で草刈りをする場合、根元が残ってしまいすぐに生えてきてしまいますが、三角ホーを使った場合、土ごと一気に掘り起こす高尾tができることで、雑草がすぐに生えてくるということがありません。

草を集める為のレーキ

レーキとはいわゆる熊手の事です。レーキをしようすることで、鎌や鍬で掘り起こした草をさっとかき集めることができます。立ったまま効率よく草をかき集められるため、草刈りには欠かすことが出来ないアイテムです。

手押し台車

集めた雑草をごみ袋に詰めていちいち手で運んでは重労働です。そんなときにこの手押し車は大活躍です。軽い力で動き、1度の大量の雑草や石などを処理場に運ぶことが出来るので、作業効率もよく体への負担も軽減します。

身近なものでできる庭の雑草対策

身近なもので出来る庭の雑草対策といえば、やっぱり除草剤です。除草剤をまくことで根元から枯らすことができ、あとはするっと抜いたり鎌で掘ってレーキで集めれば良いだけなので、雑草処理がとても簡単で女性の人でもこれなら一人で庭の雑草対策をすることができます。また、土がむき出しな状態なら人工芝を敷くといいですよ。人工芝は通販でも買えますし、お手入れも簡単で、防草シートの上から隙間なく敷けば雑草が生えてくることを防げます。見た目も美しいので、一石二鳥でしょう。

庭の景観を保つ為に動いてくれる業者に草刈りを依頼しよう

園芸用品

庭の雑草対策は業者に依頼できる

庭が広くて手入れが大変、高齢で庭の雑草対策が出来ないというひとには、専門業者へ依頼してみてはいかがでしょうか。専門業者なら、指定された場所の草刈りから業者によっては伸びきった木の枝の剪定作業まで行ってくれる業者もあります。雑草だけではなく伸びきった枝を放置すると毛虫など害虫の被害が増えてしまいます。治安的にも雑草や枝が伸びきったまま放置していると治安が悪いイメージがある為、自治体によっては定期的に雑草対策を行っているところもあります。基本は根元からしっかりと処理をするため、すっきりとしたお庭を長い時間楽しめます。

失敗しない業者の選び方

インターネットで雑草を処理してく入れる業者を検索しますと、非常に多くの業者の名前がピックアップされます。それだけ世の中雑草を処理してくれる業者が多いという事です。しかし、ここで気を付ける事は、中には悪徳業者も存在するという事です。例えば金額の設定が曖昧という業者はよくあります。そのため、作業終了後に高額な作業料金を請求されてトラブルになったというケースは決して珍しい事ではありません。作業方法も雑で、抜いてもらったが根っこが残っていると直ぐに生えてくるためすっきりしたお庭が長時間保てなかったというケースがあります。

業者に依頼した場合の費用相場

専門業者へ依頼をした場合、気になるのは料金です。専門業者の多くが坪単位で料金を設定しています。なので今回抜いたツボ面積毎に料金は異なるため広い場所や狭い場所によって当然金額は異なります。そんな料金ですが、業者によって坪単位の料金は様々です。500円からのところもあれば、1,000円からと金額が大きく差が出ている業者もあります。金額が安い分省いているサービスもあるため、まずはインターネットで調べてみるのもいいでしょう。中には無料で見積もりを出してくれる業者もある為、何か所か見積もりを出してもらい、比較してみる事もおすすめです。

抜根作業はプロに頼もう

[PR]
間伐作業なら専門家に頼もう
電話相談を24時間対応

個人住宅でも依頼できる!

雑草を処理してくれる業者は、個人住宅でも依頼を引き受けてくれます。庭があれ過ぎていてどこから手を出していいのか分からない、木も剪定してほしいという人にはぴったりです。高齢でなかなか雑草が処理できなくて悩んでいるという人は、一度相談をしましょう。

[PR]
草刈り業者を探そう
仲介サイトを利用すべし!

広告募集中